2009年03月06日

ブログ引越しのお知らせ

こんにちは。こちらの「工事縁」ですが、引越しをします。
 
 新ブログはコチラ

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 http://ig-const2.seesaa.net/

 今後とも、「工事縁」ブログを宜しくお願い致します。





posted by 施管 at 19:37| Comment(57) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月13日

雨漏れ調査

金曜日担当の村瀬です。

昨日会社の健康診断がありました。
去年も同じ時期に受けたのですが、その時から体重が
−6.0kgになっていました。
少しずつですが、ダイエットの効果が出ているみたいですわーい(嬉しい顔)


さて、今回は、前回予告したホールダウン金物の施工事例に
ついて紹介しようと思ったのですが、今写真がアップ出来ない
ようなので、次回以降に延期させて頂きます。


今日は、先日行った雨漏れ調査のお話しをしたいと思います。

初めお客様から外壁に大きなクラックがあるので、そこから
雨漏れしていると思うので、診てほしいと調査依頼があり、確認を
してみると、何箇所か天井に雨染みを確認することが出来ました。

調査をしてみると、お客様が言われていたクラックに関しては、
雨が入っている感じはあったのですが、そこだけが原因という訳では
なく、雨染みに関しては、屋上の防水の劣化が原因でした。

日頃見えない部分ということもあり、お客様もそこが原因だとは
思わなかったみたいです。

しかし、白蟻に関してもそうですが、日頃目に見えないところが
原因ということは良くあります。

やはり、今回のお客様のように、何か『おかしいな?』と感じたら、
我々専門の者に診てもらうのが一番だと思います!!

今お家のことで疑問や悩みをお持ちの方は、是非一度コチラヘ
お問い合わせ下さい。

↓↓↓↓↓↓

潟Aイジーコンサルティング











posted by 施管 at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

水曜日担当栗沢です。
IMGP6728.JPG
これは洗面コーナーのニッチです。

営業さんと設計さんがお客様と打ち合わせをして
図面にされているのですが、
実際その場に立ってみる、座ってみると意外と
図面で打合せしていたときとイメージが違ったりすると
思うので、私は現場の途中でお客様と必ず棚板の大きさ、
高さなどを再度打合せしています。
実はこれが結構大変で工事の進行具合だったり、
イメージをしてもらうために実物大に加工したりと。
でも完成したときのお客様が実際に使うことを考えると
必要なことだと思っています。



posted by 施管 at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鉄骨造のベランダ

横浜、東京エリア担当の兼子です。

今日の天気は曇り時々晴れでした。
現場管理には、週間天気予報を参考にして段取りをして、天気の影響を最小限に抑え、効率良く工事を進めるように各職人と相談、調整する仕事があります。
日々、天気予報を気にしています。

今回はS造3階建てのALC外壁のベランダ手すりからの雨漏り箇所を紹介します。
ベランダ手摺に、アルミの笠木が取り付けてあり一見雨の侵入はなさそうでも、それを取り外してみると、雨の進入する可能性があるところを絞ることが出来ました。
可能性1  笠木と壁の取り合い
可能性2  笠木したの水切りシートの被り
建築当時は良いものでも、年数を重ねるごと、雨、風等の影響を受けていることが分かります。
金物の錆びや水道の跡が分かりやすいのですが、早々みつかることはありません。
そこを発見することが、経験や知識で大きく変わります。





posted by 施管 at 00:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

床増貼り工事

こんにちは 豊橋店施工管理:伊藤です。
よく「床を綺麗にしてついでに壁も綺麗にしたい」と希望される方がいらっしゃいます。

・床を綺麗に、、、  → フローリング増貼り
・壁を綺麗に、、、  → クロス張替え
となります。 他の施工方法もありますが今回はこれで、、、

<床増貼り工事> について
既設の床にそのまま新しい床(フローリング)を貼っていきます。
施工をするその前に注意する事は

@ 敷居(部屋と部屋の境にあるドアの下にある下枠)と床の高低差
A 掃き出しサッシの下端アングル
B カーテンやアコーディオンカーテンと床との隙間

上記に関しては増貼りする際には要注意となります。
床を貼ったらドアが開かなくなるとか、カーテンが床に当たってしまうという様な事が起きてしまいます。

そのような事のないように、、、、
床を新しくしたいとの希望のある方はご一報下さい。
posted by 施管 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

ミス発見しました。

土曜日担当の吉田です。


先週の時点で、増築工事の繋がった姿を・・・・と予告したのですが、
写真を忘れてしまいましたので、来週公開します。来週なら床も
繋がっているかもしれません。


さて、その増築工事の写真整理をしていましたが、施工ミス発見
しました。撮影している時に気付いて、すぐに直せばいいのです
が、見落としてしまいました。

でも大丈夫。写真で確り記録されていました。

ビスが・・・2.JPG

丸印の箇所です。

引き寄せボルトを取り付けている部分が座掘りしてあるのですが、
筋交いを固定しているビスが、そこに掛かっていますね。


これでは十分な強度が発揮されません。

内側から取り付ける金物がありますので、来週現場に行った際、
その取り付けを指示します。


写真での記録はこんな時に役立ちます。

実は当社ではゲンバアイ、というソフトを使用し、主として新築
現場の写真をお施主様に公開しています。また、写真は各現場の
担当が撮影しUPするのですが、私はそれをゲンバアイで確認し、
不具合があれば指摘する事ができるのです。


工事品質は、建物寿命の要。妥協なくチェックします!




posted by 施管 at 19:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月06日

ホールダウン金物

金曜日担当の村瀬です。

先週末から私がいる名古屋店では、インフルエンザ

大ブームで、すでに被害者が4名も出ています。

事務所に帰ると皆マスクをしていて、なんだかその様子を見ている

だけで、病気になってしまいそうです。


さて、本日は耐震金物を紹介します。


P2060001.JPG

↑↑↑↑↑↑
左から、許容引張耐力が 
U15(15.6kN)、U25(28.7kN)、U35(35.4kN)


これは『ホールダウン金物』というもので、『引き寄せ金物』とも

呼ばれています。これは主に木造軸組工法の建物で使用する

補強金物で、地震台風が起きた時に柱が土台や梁から抜けるのを

防ぐ為に、柱の上部や柱の下部に取り付けられます。

この金物は、全部の柱に取付ける必要はないですが、

建物の4隅だけとか通し柱だけ取付ければよいという訳では

ありません。N値計算構造計算を行なった結果に基づいて、

取付位置や種類(引張耐力)を選定して取付けることが重要です。


来週は、ホールダウン金物の施工例を紹介します。





posted by 施管 at 20:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

今日の勉強

こんにちは。木曜担当の山本です。

今日は静岡から浜松へ新築上棟現場へ移動。

現在静岡では新築工事をまだ展開していません。

そこで今回は勉強を兼ねてお手伝い。
(手伝いと言っても何も出来ませんでしたが・・・)

新築工事を見ることは殆ど無い為良い勉強になりました。

現在の新築では殆どがプレカットと言って
工場で刻みを行なっています。

正確なので本当に早く進めることが出来ます。


P2050001.JPG

朝から行い、今回は7人の大工さんが入りましたが
2階の床が出来るまで1時間半くらいでした。

本当に早い。

P2050004.JPG

建って行くのが早いので見ていて気持ちがいいです。
posted by 施管 at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

写真

こんばんわ、水曜日担当の栗沢です。

僕は現場に行ったら必ず写真を撮ります。
しかもかなりの量を撮ります。

IMGP6461.JPG
これは階段のけこみ裏部分です。ここの施工をしっかり
やっとかないと後で階段がなったりします。

IMGP6475.JPG
屋根と外壁がぶつかる部分の捨て水切り。
これがないと後で雨漏りの原因になります。

IMGP6482.JPG
FRP防水の施工後です。壁立上り部分の施工高さの確認です。
これも規定以上の高さまで塗ってないと雨漏りの原因に
なったりします。


IMGP6494.JPG
クローゼットの建具枠を取付後確認したものです。
垂直、水平がしっかりしてないと建具が重たくなったり
してしまいます。


今日撮った中の一部を紹介しましたが、
特に普段見えない部分や隠れてしまう部分などは
お客様の目に見えないので多く写真を撮り、
提出できるようにしたり、ゲンバアイといって
ネット内でお客様が写真を閲覧出来るサイトへ
画像をUPしています。
posted by 施管 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

今日の現場

火曜日担当の兼子です。

今日の新築の現場では、アーチを取り入れたニッチの枠を作りました。

ニッチ2.JPG
3段のニッチ


ニッチ1.JPG

タイル仕上げのニッチ

アーチの形状は、センスが問われる部分なのでいつも悩みます。
大工さんと、色々作ってみて、お客様を想像しながら一番いいと思ったものに決定しています。

仕上げは珪藻土を塗ります。左官のパターンも加わるので楽しみです。

後日、仕上がりをご紹介します。



posted by 施管 at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

仕様決め

こんにちは 豊橋店施工管理:伊藤です。だいぶ暖かくなってきましたね。

さて、本日は現場でお客様を交えての仕様確認
豊橋店インテリアコーディネーターの古川と同行しました。


DSCF3776.JPG

当社では、営業、設計、積算、施工管理、インテリアコーディネーター
の担当がおり、それぞれの役割りがあります。その中で最終の仕上りをイメージしたり提案したりするのがコーディネーターの仕事の一つです。
今回は収納スペースの配置とニッチの位置の確認をおこないました。その前に事前に大工さんと打合せ、、、かなり考えておりました。
私、伊藤は壁に厚みや配置の説明、古川がニッチの形状や使い方、収納内部の仕上げ方などお客様に提案させて頂きました。
図面では分かりずらい事でも現場に出向き、実寸を描き立体的に見せ打合せをおこなうとお客様もイメージしやすくなります。
この時が一番重要となります。

posted by 施管 at 20:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月31日

難工事

土曜日担当の吉田です。

一昨日は横浜新築工事の防水検査も兼ねて現場確認などを行いましたが、
やはり地域によって建物も違うなぁ、と実感します。

東京・神奈川エリアは『いかにスペースを無駄にせず、
与えられた条件の中で最大限の空間を作り出すか』が
鍵になっている気がします。
当然形状も複雑になりますので、工事する側にとって
難易度の高い工事になります。


難易度が高い、
といえば、増改築工事も条件によっては非常に難しい工事になります。

今、こんな工事をしています。

20090131 035.jpg

色々事情がありまして、
屋根を『寄棟』から『切妻』に形状変更しています。

どうしても一日で組み替えたかったので6人で作業しました。

開けて見たトコ勝負なのが改築の難しいところです。


そして、現在はこんな感じ。

上棟.jpg

増築しています。
1Fと2Fで通路(既築部と増築部の渡り)ができるのですが、
その高さがキッチリあっているかどうか、まだ確認できていません。
でもちょっと自信ありです。

次の更新時には繋がりかけていると思います。
posted by 施管 at 21:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月30日

建物調査実体験セミナー

こんばんは。金曜日担当の村瀬です。

先日、人生2回目のゴルフの打ちっ放しへ行きました。

50級位打ってクリーンヒットは、5,6発と寂しい結果だったのですが、

クリーンヒットした時の感覚が癖になりそうです。

日頃から運動不足なので、少しやってみようかなと思っています。


さて本題、先週、NPO法人の住宅長期保証支援センターという団体が

開催している『建物調査実体験セミナー』に参加してきました。

P1210022.JPG

会場の近くの実際の中古物件(上の写真)で、雨漏れ等の調査方法の

レクチャーや調査書の作り方などの講義がありました。

建物調査に関しては、下の写真のように発生箇所を見つける

ポイント部分が付箋で示してあったりと、とても分かり易かったです。

P1210036.JPG

今までどちらかというと我流的なところがあったので、基本を学べて

大変勉強になりました。

また、その講義の中で、現在のこの不景気の中では、

これからは、住宅の長寿化が求められる。

 @メンテナンス
  
 A耐震

 B省エネ(エコ住宅リフォーム)

という話がありました。

まさに、それって『今自分がやっている仕事ではないか』と

自分の仕事に誇りを持てました。

これからそのように求めて来られるお客様が増えるのであれば、

自分自身もより一層のレベルアップと誠実な対応していかねばという

気持ちになりました。

今回のセミナーは無料で参加できますので、興味をもたれた方は

一度参加してみてはどうでしょうか?

 ⇒NPO法人の住宅長期保証支援センター











posted by 施管 at 18:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月29日

自分でも出来る事!

こんにちは。木曜日担当の山本です。

今回は自分で出来る開き戸の調整についてお話します。

玄関や勝手口のドアにはドアクローザー
という物が付いています。
(中には室内のドアにも付いています)

「何かドアの閉まりが悪いな・ドアが重いな」
と感じた事の有る方はいませんか?

そんな時にはこのドアクローザーで
調整できる事があるのです。

             P1290009.JPG


             P1290010.JPG
写真のこのビスで調整を行ないます。

しかし「ドアがどこかに当たっている」
ということであれば専門業者さんに
頼んでみて下さい。

ドアは毎日使うものなので
スムーズな動きがいいですもんね!
posted by 施管 at 18:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

看板

水曜日担当栗沢です。
兼子君からのお題とは全く関係ないですが・・・。


IMGP6355.JPG

T部長の命により現場に看板をつけました。
左の2つは確認看板と言って、建築確認の番号だったり
設置の義務付けがされているものです。
右の緑色が今日私がつけた看板です。
現場に携わる営業、設計、監督の写真がついています。
見学会などの日程が記入できるようになってます。

これも現場監督の仕事の中の一つです。

それでは明日担当の方宜しく。





posted by 施管 at 19:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

職人さんとのコミュニケーション

東京、神奈川エリア担当の兼子です。

最近、日が延び冬の終わりを感じる反面、寒さは一段と増している気がします。現場では基礎工事、左官工事と温度の影響を受ける工事が続き工事の難しさと楽しさを感じております。

職人さんとのコミュニケーションというお題です。

外見が怖い職人、営業トークが上手い職人、寡黙にコツコツ仕事をする職人などなど、人間同士、いいところも悪いところも踏まえたお付き合いをすることに気をつけています。

IGコンサルティングの職人さんは、皆、お客様に良い商品を提供することを目的に、各職種のプロばかりが集まっています。私より年齢、経験も上の方ばかりで、現場で教えて頂くことも多くあります。

なので、私と職人さんとのコミュニケーションは、IGの仕様やメーカ推奨の施工方法とずれていないかの確認作業のコミュニケーションがメインになります。

当然、世間話や無駄話も時には重要ですが、ナーナーな会話にはならないように気をつけてコミュニケーションを取っています。

明日は、栗沢さん。
「今後の住宅の傾向」についてお願いします。
posted by 施管 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

現場でしているエコ活動

こんばんは 豊橋店 施工管理:伊藤です。
これからは月曜日ブログ担当になりました。現場でのいろいろな出来事、こだわりなどを書いていきたいと思います。

今回、栗沢さんからのお題で「現場でしているエコ活動」 う〜ん

現場進行以外で気をつかっている事は「もったいない」を合言葉にし、
ゴミを減らす事を重視してます。
大工さんの仕事で「ここにはこの木、ここにはこれ、残った材料はここにもってくる」といった事感じでなるべく廃材が出なく現場に納めています。建材などもそうです。窓枠、壁下地材、などなど、、、、、
なるべく必要な分だけを拾い出し現場に納めています。
 
もう一つ  建設廃材
ガラ、木材、土壁、内装材、  ダンボール

このダンボールを集めて廃材収集場に持っていくようにしています。
ダンボールは雨などに濡れるとリサイクルがしにくくなるそうです。
なので
出来るだけ、リサイクルに使われるように私自信集めて持って行くように心掛けています。建設現場では材料などの梱包はほぼダンボールです。大きな現場(リフォーム工事)では1件につき1〜2米ぐらいでます。これをうまくリサイクル出来ればと思い、続けています。


それでは次、横浜店に兼子君!
お題は「職人さんとのコミュニケーションのとり方」について
宜しくお願します

posted by 施管 at 19:28| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

トイレリフォーム

更新が遅くなりました。栗沢です。

DSCF0996.JPG
リフォーム後の写真です。

トイレってどんな空間でどんな機能が
あればいいと思います?
ウォシュレットは絶対必要とか暖房が欲しいとか
人によって様々だとは思います。
潔癖症の人であれば自動的に便座のフタが
空く方がいいとか。お手入れが楽とか。
これらはトイレの機能でほとんど解消することが出来ます。
音楽が流れるトイレとか今のトイレの機能は
びっくりするほどです。
便座だけを交換することでいろんな機能を
つけたりすることも出来ます。
床をめくらずにトイレを交換することも
出来るようなものもあります。

トイレリフォームでした。

次は伊藤君よろしく。
お題は「現場でしているエコ活動」で




posted by 施管 at 18:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

床下パートU

こんばんは。静岡の山本です。

今年も早々と2週間経ってしまいました。
弊社では毎年年始に一年間の目標を立てます。
今年こそは目標全てが達成できるように取り組んでいきます!

さてお題の「床下パートU」ですが
床下というとやはりシロアリの被害ですね。

耐震・リフォーム工事を行っていると
度々シロアリ被害を目撃します。

これは床下の写真です。
1.JPG

中には床下から2階まで被害が及ぶ事もあるんです。

床下だけの被害ならまだしも
2階までシロアリが上がってしまうと
改修費用も格段に上がってしまいます。

これは2階梁の被害写真です。
小屋裏被害.JPG

それを予防する為にも床下の調査をお勧めします。

弊社はのシロアリ工事は110年という実績があります。

気になるという方はぜひご相談ください!


次回は「トイレリフォーム」について。
酔うと熱く語ってくる栗沢さんお願いします。

posted by 施管 at 18:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

床下 パートT

こんばんは 名古屋の施工管理の村瀬です。

ちょっと小話、

最近寒くなって、毎朝車のフロントガラスに付着している『霜』
皆さんどうしてますか?

私は通常より5分早く家を出て、車のエンジンをかけて溶けるのを
待っています。しかし、同じ事務所の女の子は、フロントガラスに
お湯をかけて溶かしているそうです。

その方がエンジンかけっ放しにしなくていいので、環境の為には
いいですよね。少し感心してしまいました。


さて、本日のお題『床下』ですが、
皆さん、定期的に床下の点検はされていますか?

先日、シロアリ点検時に洗面所の床下で水溜りを発見したという
連絡をもらい、調査に行ってきました。


洗面配管 近め.jpg  

洗面配管 拡大.jpg

上の2枚の写真は、床下の排水管の状況を全景(上)とアップ(下)で
撮ったものです。赤○部分に水が溜まっているのが分かりますか?

排水管のチーズ部分(ジョイント)部分での水漏れです。他にも
外部から配水管の基礎の貫通部の隙間を雨水が進入したということも
考えられると思います。

このように床下に水が溜まり、常に湿気を持つような状況にあると、
いくら床下に換気扇調湿材を入れていても、湿気を取り切れず、
床板がカビてしまったり、シロアリの発生ということがあります。

要するにどれだけ設備を整えても日頃のメンテナンスがないと、
無駄になってしまう可能性があるということです。
特に床下は目に見えない部分なので、気付いたら凄いことになって
いたなんてことはよくあります。

床下の点検をしていない方は、一度されてはどうでしょうか?
コチラへ


それでは、次回も『床下パートU』ということで、
私よりも全然床下が似合う 山本リーダー お願いします。





posted by 施管 at 21:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。