2008年08月29日

名古屋の職人さんだがねぇ〜

こんばんは、名古屋の施工管理の村瀬です。


私暑さには弱いのですが、意外に夏バテをしたことがないんですよ。
秘訣は、暑さに負けずに『よく汗を掻き、よく食べ、よく飲み、
よく寝る』です。これが私の夏バテ対策です!!


さて、お題の『名古屋の職人さん』ですが、
私の管轄しているエリアの業者さんの多くは、業者さんから紹介して
もらったり、社員の知り合いだったり、学校の先輩・後輩だったりと、
『縁』が広がって現在約30社ほどおります。


まずは、今年の当社の業者会で安全表彰を受賞されたお二人です。


DSCF9278.JPG
↑↑↑↑↑↑
大工のYさんです。とても温厚な性格で、とても丁寧な仕事をします。
喋りにちょっと訛りがあって、そこがなんとも言えない人の良さを
感じさせます。


P7220006.JPG
↑↑↑↑↑↑
大工のOさんです。とても細かい部分までこだわりをもって施工して
下さいます。写真は作業中なので少し道具とかが散らかってますが、
基本的にOさんの現場はきれいです。


続いては、親子で大工をやっている北野さんです。


P62700.JPG
↑↑↑↑↑↑
親父さんは、寡黙な方でコツコツ仕事をされます。
昔弥富で4億円の豪邸を建てたこともあるそうです。
まさしく“The 大工”という方です。


DVC0006.JPG
↑↑↑↑↑↑
息子さんの方は、当社の営業さんのバイク仲間で、その縁で今仕事を
してもらっています。色々と私が現場の納め方で悩んだ時に相談して
いる頼りになる大工さんです。


最後は、塗装屋の松本さんです。


P6050003.JPG
↑↑↑↑↑↑
塗装屋さんというとペンキで汚れた服を着ていて『汚い』とイメージが
あるかもしれませんが、“なぜかスーツ?”
お客様や私たちと話をする時は、やさしい口調。でも、仕事になると
自分の部下に対してとても厳しく、いい仕事をしてくれます。


作業中の写真ばかりで、微妙な写真ばかりでしたが、こんな方々が
当社の工事をしてくれています。


では次回は、昔職人さんだった伊藤さんお願いします。
お題は、『家を永く持たせる為の工夫』
今年新築を建てられた伊藤さん、いいお話期待してます!!

posted by 施管 at 18:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月26日

生コンは生き物

こんにちは、吉田です。

現場の人間なのに、めっきり暑さに弱く、最近の夕方の涼しさには大変助かっています。個人的な意見ですが、蝉(せみ)の鳴き声より、蜩(ひぐらし)の鳴き声の方が好きなのも、そんな体質のせいでしょうか。

お題は『夏場の基礎(コンクリート)打設』ですか。
専門家でも賛否両論になるお題ですね。


コンクリートとは何で作られているか・・・
 
セメント+水+粗骨材(砂利等)+細骨材(砂)+混和剤


コンクリートの性能を大きく左右するのが、この水とセメント。

コンクリートの硬化は、この2つが反応して起こります。

この配合はプラントにて設計されており、所定の強度を得るように試験され、使用する水とセメントの量が決まります。

さて、ようやく本題に関わる部分です。

コンクリートが硬化していく段階で、もし、その水分が過剰に蒸発してしまったら、どうでしょう?

セメントからすると結合するはずだったパートナーを失ってしまったような状態です。仮に100個の結合が発生するはずだったのが、20個の水がなくなってしまったので80個の結合しか行われなかった、というような事です。

こうなると強度にも多少の影響を与えるかもしれません。


もっと怖いのは、急激な水分損失による、過度の乾燥収縮です。水で練られたものですから、正常な反応でも乾燥による収縮は起こります。問題はこのスピード。

結合のスピードより収縮のスピードが上回ってしまう、といえば分かり易いでしょうか。折角手を結ぼうとしたのに、手をとる前に離れてしまった、ということです。

これにより発生するのが構造的にも問題になる大きなクラック(ひび割れ)です。
 
 ※収縮自体は避けられませんので、養生しても微細なヘアー
  クラックは発生します。

水の配合が多すぎても同じような現象は起きます。当然ですね、蒸発して失う水分(体積)が多い、という事ですから。


これらを防止するために必要なのが、養生となります。

221taketi 038.jpg

↑↑↑↑ (ちょっとシートを押えるものがなかったので、見栄えが悪いですが・・・・)

養生にも種類が様々、状況により異なりますので、詳細は省略させていただきます。


直射日光を避ける、風を避ける、というのが大切です。
養生が困難な状況なら夕方に打設するのもいいですね。

又、コンクリートを打設した次の日も大切です。表面は硬くなっても中はまだまだ硬化途中です。ここで散水したりして、湿潤状態にしてあげることも正常な硬化を促します。

コンクリートは生き物。大事に大事に扱って、確り育てることが大切なんですね。


次回は、私よりもっと夏が苦手な名古屋の村瀬!
 お題は『名古屋の職人さん』で。







posted by 施管 at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

在来工法or2×4工法

神奈川、東京エリア担当の兼子です。

本日は大安ということもあり、あちらこちらで建前をしている光景を目にしました。その中の一つ、弊社の新築も建前を行い、無事上棟式まで終えることができました。雨が降らないようにテルテル坊主に祈たかいがあり、何とか天候も持ちこたえてくれました。
テルテル坊主に感謝です。

お題「在来工法or2×4工法」

名前の通り在来からある工法なので、日本で出来た工法です。一方、2×4工法は海外からやってきた工法になります。

どちらも、長所短所は当然あり、どちらが良い、悪いは無いと思います。

気密性も断熱性、強度、耐久性も、どれだけしっかりと作り、メンテナンスするかで変わります。

ただ、間取りを変更するなどのリフォーム工事をする予定があるならば、在来工法の方が自由度が高くなります。

家族の年齢、家族構成が変化するにあたり、部屋数や居室の用途も変化して、リフォーム工事が必要になることがあります。そんな時にご家族の要望に応えてくれる確立が高いのが在来工法です。

専門知識をもった、アイディア豊富な方と出会うことが出きると、素晴らしい家が出来上がると思います。

住み易く、安心出来るお家を増やしていきたいと思っています。

次回は、お家の基礎となる基礎工事について「夏場の基礎打設」
吉田課長お願いいたします。















posted by 施管 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月20日

便利なソフトって難しい?

こんにちは、磐田店の浦山です。

積算ソフトについてお題をいただきましたが、
まずは、建築の積算について説明させていただきたいと思います。

積算とは…設計図面、仕様書等を基に、使用する材料とその数量を抽出し、
各材料に対応する単価を算入する事で総工事費を算出することをいいます。

簡単に言い直すと、
どのような材料を
どの位使い
いくらになるのか 計算することです。

昔はすべて手作業で計算を行っていましたが、
最近では積算ソフトを使用してパソコンである程度簡単に
求めることができるようになりました。

積算ソフトを使用する利点は、計算時間を短縮できるところです。

必要とする情報、数値の入力を行うことで、
コンピュータが事前に決められた通りに計算を行ってくれるため、
手作業で人が行うよりも断然早いスピードで作業を終えることができます。

しかし、コンピューターは決められた通りしか計算を行ってくれないため、
標準工事以外の内容があると適宜手を入れていかなければなりません。

しかもこのときにどの情報がどこに繋がっているのかを把握していないと
後程とても大変なことになってしまいます。

ソフトをいくらしっかりと作り込んでいても最後の調整・確認を行うのはヒトの手が必要となります。

このことは建築工事にもいえることだと思います。

建築工事では工場生産や規格化が進められてきましたが、
最後の仕上げを行うのは現場の職人さんの手仕事になります。

お客様によって異なるご要望に答えることができるのも
この手仕事の部分があるからこそだと思います。

ひとつひとつ異なる要望をカタチにしていくため大変さがある部分でもありますが、
だからこそやりがいもあり、楽しくもあると感じています。

次回は、横浜店の兼子さん
"在来工法or2×4工法"についてお願いいたします。
posted by 施管 at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

新築のアフターケア

ご指名を受けました新築担当の菊池です。

8月9日(土)10日(日)にお休みを頂き、幕張で行われたサマーソニックというロックフェスティバルに行ってきました。

ご存知の方も多いかと思いますが、
今年はなんと言っても「SEX PISTOLS]
往年のイメージとはずいぶん違いましたが、本物を見れて感激でした。

お題は「新築のアフターケア」
ということですが、

まずは定期点検
お引渡から建物のチェックは、1ヵ月、6ヶ月、1年、2年、10年という形で行っています。
また、当社はシロアリ工事も自社でやっていますので、3年目と5年目に床下のチェックも行っています。

今後は200年住宅ビジョンも視野に入れて家歴書を作成し、当社で新築していただいたお客様に対してアフターメンテナンスから住宅の維持管理のリフォームまで一貫して履歴が残せるよう準備中です。

アフターメンテナンスに関しては、特にスピード対応を心がけています。

「特に急がないよ」と言ってくださるお客様もいらっしゃいますが、
対応や段取りを迅速に行うことによって、安心してもらうことが大切だと思っています。

おかげさまで新築の棟数も順調に増えていますが、当社がもともとメンテナンス・リフォームの会社ということもありますので、
「お客様のアフターケア」の満足度があがるよう日々努力していきます。

次回は「好きな人ができた」ともっぱら噂の浦山君
お題は「積算ソフト」についてお願いします。






















posted by 施管 at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月07日

日々チャレンジ

こんにちは。静岡担当の山本です。

今日は立秋だというのにまだまだ暑い日が続きそうです。
現場の方は熱中症には十分注意してくださいね!

私も現在夏風邪を引いてしまっています。
熱や咳が出て体がだるいです。
夏風邪は長引くので毎日薬を飲んで早めに休んでいます。

まぁこれは自己管理が成っていないだけですけどね。。。


さて今回のお題は「チャレンジしている事」です。


意識して何かしている訳ではありませんが
毎回の現場で色々チャレンジしているのではと思います。

現在、ある現場で増築工事を行なっていますが
そこでも工事を進めていくと考えさせられる
所が出てきます。

建材関係にしてもめまぐるしく変わったり
新商材が出てきますので収まりに関して
色々試行錯誤しています。


以前行った現場では新しい建具を使い
建具が3箇所重なるというのがありました。

収まりに関してもチャレンジでした。
大工さんと何度も何度も打ち合わせをしながら
きれいに収まることが出来ました。


P8030046.JPG


私たち建築関係の現場管理では
「日々チャレンジ」と思っているのではないのでしょうか?

この様にして自分も成長しお客様にも
いい物を提供していく事が出来るのです。

しかし「チャレンジ」って大変ですよね!




次回は「新築のアフターケア」について
音楽好きな菊池課長。先日はどうでしたか?
よろしくお願いします。
posted by 施管 at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

木造住宅の好きなトコ

廣瀬です。

ブログ当番です。

 夏の直射日光の影響か毛先が痛んできたので髪をカットしました。
 ついでにシャンプー変えました。(日本人ならASI○NSE)

「木造住宅の好きなトコ」
@材料が入手しやすい
A釘打ちやビス止めが出来る
B判りやすい構造

         以上です。



と言うわけで数年前に自分ちの敷地に、自分で物置を建てました。
(防火、準防火地域外 10u以下)
 
とある年のGWを使って建てる計画をし、
3週間前にブロックで基礎を作りました。
もちろん前もって建てる物置の図面を書いて、
知合いの大工さんに木材の加工をお願いしました。

柱には桧を使った本格木造物置です。
写真の奥に建ってます。延べ床面積3帖。判りにくくてすみません。

IMGP3321.JPG


建方から完成まで2週間。
仕事から帰ってコツコツと。
物置ですが床は300角タイル貼り。

完成した時は「ひょっとしたら住宅も建てられるカモ?」
って本気で考えました。(笑!)

「木造住宅の好きなトコ」
C自分で何とか出来るトコ



次は山本さんに「チャレンジしてる事」で。
posted by 施管 at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

笑顔。。

施工管理の武田です。

夏本番に向けてかなり暑くなってきました。

現場では中・外工事関係なく熱中症に注意して、とてもしょっぱい飴を水分と一緒になめています。もちろん職人さんにも分けていますよ。

この時期は熱中症になってしまう職人さんが多いです。

熱中症は水分だけ摂っていても、体内の塩分濃度が薄くなり、筋肉痙攣を起こしてしまいます。

これは熱中症の2歩手前ぐらいです。

水分だけとれば熱中症は大丈夫という認識は間違っていますので皆さんご注意を!!

一番てっとり早いのはスポーツドリンクです。

こんだけ暑いと大好きなゴルフにもいけません。

暑すぎて途中でイヤになってきます。

ちなみに自分のパターは、片山 S吾と同じです。←自慢。。

それはさておき、御題の「お客さんとの接し方」ですね。

自分が一番大切だと思うのが「笑顔」です。

入社した当時の自分はこの「笑顔」が苦手でした。とっても。

リフォーム・耐震工事は当たり前ながら、御施主さんが住みながらの現場となることが多いので毎日顔を合わせる事になります。

入社して、自分も現場を持つようになってきた当初は、「笑顔」で接することが出来なくて、よく担当営業に注意されました。

自分の担当現場が多くなってくると、それに比例してそれぞれの現場の御施主さんと接することが多くなってきます。

これでは駄目だと思った自分は「笑顔」の練習をするようになりました。(一人で鏡の前で笑顔の練習。これがケッコウ恥ずかしいっっ)

練習の成果の甲斐あって、あれだけ不自然だった「笑顔」が半年くらいで自然の「笑顔」が出来るようになりました。

今思い出しても、「笑顔」の練習辛かったのを思い出します。。

今思うと、「笑顔」が最初の試練だったように思います。

あの時は若かったなぁ・・・。

さて次の御題は「木造住宅のココが好きっ!!」
で廣瀬さん御願いします。

posted by 施管 at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。