2008年03月27日

現場で見かける、これなに? と思うもの

 廣瀬です。

 ブログ当番です。







現場で初めて見たもの bP



これです。


 
 
217shohin1.jpg




サッシアンカーという物です。

コンクリートの建物では、サッシはコンクリート用の製品を使います。
そして木造住宅のように釘若しくはビスで固定するのではなく、
コンクリートに埋め込んだこのサッシアンカーとサッシとを
溶接で固定します。

初めてこれを見たときは何に使うんだか分かりまんでした。

型枠大工さんはこれを「アヒル」と呼んでました。

形が似てるからだと思います。






現場で初めて見たもの bQ



これです。



de00368.jpg




鋲打ち機です。

軽量間仕切り工事(金属製の間仕切り材料を使用した間仕切り工事)
の時に、部材を土間コンクリートに固定する時に使用します。



こんな工事に使います。



B4D6BBC5C0DAA4EA.jpg



金属製の鋲を火薬を使い、銃のように金属鋲を発射します。

警察への届出が必要です。危険な物です。





現場で初めて見たもの bR



これです。




08.jpg




土間の金ゴテ押さえをする機械です。

人が乗ってホバークラフトのように金ゴテ押さえをします。

みてると面白くて、自分も乗ってみたくなります。

きれいに金ゴテ押さえができます。



 


 次は吉田係長さん。

 私の上席者ですのでお題の注文は出来ません・・・・・・。

 お好きな内容でドーゾ。
posted by 施管 at 20:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月26日

感動してもらえることに感動

こんばんは、新築部門担当の浦山です。

前回の更新から投稿が遅くなってしまい、
大変申し訳ありません。

『現場で感動したこと』

本当にたくさんありすぎて困ってしまいますが、
やはり全ての工事が終わり、完成を迎えた時が
一番感動を覚える瞬間です。

家を作るという仕事に携わることは、
それぞれのお施主様によって異なる
いろいろなこだわりを形にできることも
おもしろさであると思います。

特に新築の場合ですと何も無いところから
造り始めていくため、できて当たり前という
プレッシャーもありますが、
お施主様からのご要望を叶えるために仕上がり・工期・予算・・・
いろいろな項目を検討しながら職人さんと一緒に
1つの家を作り上げていくこと、
大変ですがとてもやりがいのある仕事だと感じています。

特に納まりに苦労したところが多くある現場ほど思い入れも強く、
感動もより大きなものになります。


これまで、現場でいちばん感動したことは、
1棟目のお施主様のお引渡しです。

1棟目ということで、大変なことも多くあり、毎日現場へ足を運び、
1日中現場で打合せなどを行い時間が過ぎることも多くありました。
お引渡し直前の工事完了時は、なによりも安堵感のほうが大きかったと思います。

お引渡しの際には、サプライズプレゼントなどもあり、
お施主様に本当に喜んでいただて、
感動していただけたことが何よりも自分自身感動しました。

これからも、より多くのお施主様に感動していただけるように
がんばっていきたいと思います。


次回は、岡崎店の廣瀬さん(最多登場!?)
「現場で見かける、これなに?と思うもの」
よろしくお願い致します。
posted by 施管 at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月21日

木材の耐久性・耐火性

こんばんは、名古屋の施工管理の村瀬です。

脱メタボッ!!と言うよりは、まず、脱体重3桁ッ!!が重要だと

思っているのですが... それすら私には解かりませんもうやだ〜(悲しい顔)

ウエストサイズが、男性で85cm以上、女性で90cm以上だと

メタボですと言われています。ということは、私は中学時代から

メタボだったということになります。とても悲しいことです...もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)もうやだ〜(悲しい顔)



かなり脱線してしまいましたが、本題です。

まず、耐久性に優れた材料と言えば、一般的にはヒノキ、ヒバ、

クリ、ケヤキ等が挙げられますが、これらの木材は、木そのもの

の強度もありますが、シロアリの発生源である腐朽菌が出来難くい

ので、シロアリの被害にもあい難くいから耐久性に優れていると

言えます。しかし、耐久性があまりない木材でも低含水率の

木材(20%以下)や湿気がこもらないような建物等にすれば、

シロアリの被害にあい難くなるので、十分施工材料として使えます。

しかし、床下などの材料には耐久性に優れた木材を使われる方が

いいと思います。



次に木材の耐火性に関してですが、木材と鉄でどっちが火に

強いと聞かれたら、多くの人は木材は燃えてしまうので、『鉄』

と答えると思いますが、実際にはある程度の厚みや太さがあれば、

『木材』の方が耐火性に優れています。

木材は、表面が発火しだすのは早いですが、発火した時に表面に

できた炭の層が内部への火の進入を抑えるため、全部が燃えきる

までに時間が掛かるので、ある程度耐久性が保たれます。

逆に鉄は、発火するということはありませんが、高温になると

変形してしまい、すぐに強度もグーンと落ちてしまいます。

バーベキューをしていると、あの火の中太い木炭はなかなか

灰にならずにいつまでも残っているのを見たことありませんか?

あんな感じです。だから、○○ホームなどは、木材に炭を塗った

建物を売りにしてますが、これも調湿以外にこのような意味合い

が含まれているのではと思います。

やはり、家を建てるなら木造がいいですよるんるん



さて、それでは次回は浦山君お願いします。
お題は、『あなたが選ぶ夜のお店夜バー 1・2・3』 ではなく、

『現場で感動したこと。』 で宜しく!!


posted by 施管 at 21:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月20日

カタログの見方

こんにちは 最近3`ぐらい体重が増えてしまってメタボリック爆進中の菊池です。
先日の健康診断では再検査にはならなかったのでよかったですが、要経過観察の項目が何箇所かあったのでやはり体重を落とさないと健康体にはなれそうもありません。

カタログというと、私も入社当初は商品や納まり、寸法体系が分からずカタログを家に持ち帰り、ベットの横に置いて寝る前によく読んでいました。今では懐かしい思い出です。

カタログの見方ということですが、んー難しいですねー
自分は新しい商材を見つけて実際に現場で使うのが好きなので、カタログはいろんなところから取り寄せて見ていますが、基本的には
@全体の概要A商品構成B仕様(金額・色等含む)C寸法・納まり図
の順番で見ています。
そうすることでそのメーカーの大枠の内容は把握できると思います。

新築、リフォーム問わず、通常良く使うメーカーがあると思います。そのメーカーの中でも特に建材・サッシ・設備(UB・キッチン)を中心に徹底的に読み込むことで、実際に使う商品を調べる際に
ページを開くのが早くなります。これほんとです。訓練に近いですね(笑)
また、最近ではメーカーでもWEBカタログが充実してきたので、ネット
の検索が得意な方はこちらのほうが早いかも知れません。

自分もサッシは新寸法体系になって新築の現場監督をやるようになり
最近ようやくある程度マスターできるようになりました。

カタログも内容を理解するまでは時間がかかると思いますが、
カタログを見るのが楽しい人は覚えも早いのではないでしょうか。

次回は脱メタボリックを目指している?村瀬君

お題は「木材の耐久性・耐火性」について御願いします。





posted by 施管 at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月17日

施工管理に必要なアイテム

こんにちは。静岡担当の山本です。

紹介がありました様に私は花粉症です。
山奥出身ですがなぜか突然なってしまいました。
最近はそれ程ではありませんが、ひどい時には
目ヤニで目が開かない事もしばしば。
この花粉症の辛さはなった人にしか分かりませんよね!
それともう一つ。皆さん誤解しないでくださいね。
私は一切紹介の様な事はありません。
ただ人よりちょっとだけ人相が悪いだけですから・・・


そんな事はさておき本題です。
今回は「施工管理に必要な小道具」というわけで
何点か紹介したいと思います。


まずはこれ。メジャーです。
P9160031.JPG
これは皆さんもご存知のように長さや幅を計る物です。
現地調査の時に色々な寸法を測っておき
図面上問題ないか・材料が収まるか等を確認します。
現在ではあまり尺貫法を使わなくなってきていますが、
しかし長年やっている大工さんなどは尺貫法
の方が伝わりやすいこともあるのです。

続いては小さな差し金。五寸法師と言います。
P9160032.JPG
これもメジャーと同じ様な働きをしますが
基本的に小さなもの。例えば見切りなどの細かな
寸法を正確に取ります。これにより大工さん等に細かな
寸法を伝えて造作財を作ってもらったりします。

最後にこれ。カッター。
P9160033.JPG
これは基本的に紙等を切る道具ですが、本当に優れものです。
例えば何かを剥がすとき・捲る時・穴を開けるとき・・・
あと忘れてはいけないのは「とげ」を抜くときですかね。
建築現場だとよく木のささくれが手に刺さるときがあります。
そこで素早く取り除く事が出来ます。少々乱暴ですがね。

これはほんの一部でまだまだ紹介し切れないほどあります。

分かっていただけたかとは思いますが、基本的に
どこにでもあるような物を使用して仕事をしています。
しかし私たちはプロですから時にはもちろん特殊な
小道具を使用したりします。
機会があれば今後も少しずつ紹介して行きたいと思いますので
お楽しみに。



次は私たちの長。菊池課長お願いします。
お題は「結婚について」・・・  ではなく

「カタログの見方」について。
これは皆さんも気になりますよね!
よろしくお願いします。

posted by 施管 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月13日

造作材?

こんばんは栗沢です。
最近マスクをしている人をよく見ますね。花粉症なんでしょう。
静岡エリア担当の山本君もマスクをしていましたが
やっぱり元暴○族?って感じでした。

さて本題の「造作材」ですが、
建築関係に携わることが無い人には何のことやらという感じだと
思います。
造作材って非常に幅が広いので写真で紹介します。
P3130057.JPG
これは床と壁との区切りをつける巾木というものです。
P3130058.JPG
これは天井と壁の区切りをつける廻り縁というものです。
P3130055.JPG
これは窓周りにつける窓枠です。
こんなところが一般的な造作材だと思います。
ちょっと変わったところで
P3130056.JPG
これはRコーナー巾木と言って角を丸く仕上げるものです。
P3110006.JPG
これは手摺でタモの集成材です。この写真はロフトにつけたものです。

この他にも造作材って言われるものはいっぱいありますが
紹介しきれないのでこの辺で。
また造作材の中にも無垢や集成材や樹脂シートがありまして
選ぶものによって部屋の質感や重厚感などが変わってきます。
どのようなものがいいかはコーディネーターに相談するといいと
思います。

次回は冒頭で紹介した元暴○族山本君よろしく。
お題は「施工管理に必要な小道具」で。
皆さんお楽しみに。

posted by 施管 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月10日

外構工事での問題点

豊橋店担当の伊藤です。  更新が途絶えており申し訳ありませんでした。

外構工事というお題を頂きましたが、これまた非常に難しいものです。
私の家も今現在、新築工事中で外構工事も進行中です。外構工事は施主である私が配置から段取り、工事進行をさせてもらっています。

=仕様=
3方ブロック積み 南面のみ石積み フェンス設置
玄関アプローチ前 門扉、ポスト設置
坪庭造作
駐車スペース 白砕石敷き

といった感じで作成しております。

外構工事で一番の問題点は、道路&敷地&建物とのバランスと高低差が重要となってきます。ブロック積みなど敷地と道路との高低差を確定してから何段積みのCB厚、何cmと決まってきます。高さのよってはCBは使えず擁壁(コンクリート壁)を起こさなければなりまん。
又、駐車場に砕石やコンクリートを敷く場合でも建物との高低差とスロープの確保が必須となります。駐車場スペースに土間打ち、砕石などを敷く場合はだいたい1/100〜1/150は欲しいでしょう。雨などが溜まらないようにする為です。

結構、外構工事は本体工事完了して少し経ってからやればいいや、、
という方がいらっしゃいますが家が建ってから考えると限られてしまいます。本当は建物のプランを考えている時に外構も平行して考えていく事が出来ればいいんですが、、、、、
建物と外構のバランスを考えてつくると結構、面白いものが出来ますよ、、、、、、

ちなみにIGには強い見方がいます。外構工事担当のSさんですがかなり信用出来る方です。噂では植物を会話が出来るとの事です。

私の家のテーマは「和風」です。そこを忘れず考えた仕様です。
本体工事&外構工事完成が3月末となっていますので建物と外構のバランスがあっているかどうかすごく楽しみです。

次回のご指名は浜松エリア担当の栗沢さんです。
お題は「造作部材のいろいろ」についてです。宜しくお願します











posted by 施管 at 20:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月03日

静かにして下さい

 廣瀬です。

 ブログ当番です。

 健康診断の結果は全く異常がありませんでした。(自慢です)




 

 今回は「騒音問題」について・・・・・・。

 何の騒音問題でしょうか? 工事中? 自動車? カラオケ?


 

 建築工事では多少の騒音は発生します。特に解体工事を伴った新築工事やリフォーム工事では間違いなくウルサイ!!
 
 お客様は自宅の工事なので工事中に発生する騒音を我慢できるレベルは高いのですが、ご近所の方はそうではありません。


 そして「騒音」と共に、ご近所から小言を頂くのが工事中の「振動」です。




 この「騒音」と「振動」はその大きさによって役所に手続きをする事が決められています。 



 「特定建設作業実施届」と言います。

 この届出は・・・・、

「生活環境を保全し、人の健康の保護に資することを目的として、建設工事として行われる作業のうち、著しい騒音・振動を発生する作業を行うときには、騒音規制法、振動規制法及び生活環境の保全等に関する条例による規制が行われており、規制対象建設作業に該当する場合届け出が必要となります」

・・・と言うことです。



 届出の対象となる作業。使用する機械の種類・能力。騒音の大きさや1日あたりの作業時間が決められています。





 しかし届出をしたからと言って、「騒音」や「振動」我慢してくれる訳ではありません。


 早朝や夕方は作業をしなかったり、と言った配慮も必要だと思います。


 結局は「静かに工事をしましょう」って事です。



次のブログは
   「レザーパンツとパンクロッカーの関係について」
      伊藤さんに熱く、暑く、厚く、あつく語ってほしい!!!












 ホントは
   外構工事での問題点について」  熱く語ってください!
   
      







posted by 施管 at 12:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

顧客満足

神奈川・東京エリア担当の兼子です。
最近は屋根上工事が続いていました。ポカポカ陽気を肌で感じ、顔が日焼けしたと思ったら、砂埃の汚れでした。黄砂の影響か分かりませんが、空に黄土色の雲に覆われたこともありました。これからは、花粉の季節なので、花粉対策を万全に外部工事をしようと思っています。

『顧客満足』については、永遠の目標であり、課題だと思っています。
現場作業、基本マナー、安全対策、近隣への配慮、お客様への配慮など、顧客満足を向上させる事項は沢山あると思います。
その中で、施工管理として重要なことは、地域に良い評価をしてもらうことだと思います。

営業や設計、スタッフが協力し、工事を始めることができたにも関わらず、「現場がこんなでは紹介などできない。」と言われてしまう現場にはしたくないと私は決めています。

身だしなみ。挨拶。清掃片付けは当然ですが、何よりもお客様からお金を頂いていることを社員は当然認識し、職人さんにも意識して取り組んでもらうことが顧客満足に直結するのではないかと思っています。

それが浸透すると、現場の品質が向上し、現場が綺麗になる。問題点が減って利益が残る。お客様、近隣の方から良い評価を頂き、地域に良い評判が広まる。相見積り、値引き工事が減る。というサイクルが生まれる気がします。

まだまだ、現場のチェックもままならない私ですが、出来ることを出来るだけやるように心がけています。

次は、「騒音問題」について、廣瀬さんお願いいたします。
posted by 施管 at 19:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。